【ぱど6月号】山田のおやじの干支占い 2020年6月


写真 photolibrary

子年生まれの人
身近にいる人を大切にしよう。その意識が信頼を呼び込む。ご縁の不思議さに気づくと、未来が変わる。お墓参りでルーツを感じると運気は向上。

丑年生まれの人
努力は評価される。つらい場面でも、前を向いて進んで行こう。行動力だけでなく、知恵も活用。すぐ動けるように本業に関する整理整頓をしよう。

寅年生まれの人
臨機応変さが試される。案件は独りで抱え込まないように。取り組む方法はたくさんあるとドッシリと構えておきたい。何事も自分を成長させる試験。

卯年生まれの人
時間を有効に使うと状況が良くなる。SNSなどに振り回されない管理が必要。人生の主人公は自分という意識が大切。体調管理にも気を使うと吉。

辰年生まれの人
自己のメンテナンスで成果が出る。食事も大事。掃除や整頓も忘れないこと。信頼する人との語り合いからチャンスも。礼儀と節度がわが身を守る。

巳年生まれの人
公私混同にご用心。公正な姿勢が信頼を呼び込み、未来を良いものに変える。波長の合わない相手は、聞き上手になり受け流すこと。無理は禁物。

午年生まれの人
価値観の違う人からのアドバイスが参考になる。モノサシの違いが提言につながる。大きな度量で幸運を呼び込め。連絡は確実な方法で実施すること。

未年生まれの人
積極的な方針が運気を呼び込む。やりたいことを口にすると状況は好転。企画は実践しよう。意見を求められたら、簡潔に答えられるよう理論武装を。

申年生まれの人
整理整頓が運気をスムーズにするコツ。片付けからお宝が見つかることもある。情報整理も大切。遊び仲間に振り回されないこと。断る勇気で運気上昇。

酉年生まれの人
全体を見渡し、流れを見ながら必要な修正を加える姿勢が吉。視野が狭くならないように。スタッフへのさり気ないフォローが功を奏す。笑顔で挨拶。

戌年生まれの人
優先順位をつけた対応が吉。思いつきで動くと痛い目に会いそう。仕上げまでのイメージを持ち続けること。手抜きは厳禁。スピード重視で。

亥年生まれの人
有言実行の方針が吉。ただし、無理なことはできないと素直に言うこと。正直で責任感を前面に出すこと。新しいやり方などを取り入れるのも方法。

 

開運アドバイザー 山田浩三
西日本運勢研究会(ニホン全印会)二代目鑑定士。岡山大学非常勤講師(元)。明治大学卒業後、12年間の企業勤務を経て、家業を継ぐため三木照山など多数の専門家に師事。占いは人を幸せにするものでなくてはならないという信念に基づき、鑑定に臨んでいる。


【相談項目】姓名判断、命名、四柱推命、家相、風水等。http://yamadanooyaji.com/