【ぱど7月号】山田のおやじの干支占い 2020年7月


写真 photolibrary

子年生まれの人
発展につながる出会いが期待できるとき。チャンスを逃がさないように、アンテナを張ること。すぐに対応できるように準備を整えておきたい。

丑年生まれの人
運気と健康がリンクするとき。健康管理で成果を出していこう。生活リズムを整え、良質の睡眠を確保。自分が成長するための場を求めたい。

寅年生まれの人

集中力が大事。全体を見渡す余裕を持ちながらも、取り組んだ案件は最後までやり抜こう。周りから誤解されないよう、明確な意思表示が必要。

卯年生まれの人

未来を構築するためには、これまでの路線を改革しなくてはいけない。変化を恐れない姿勢が幸運を呼び込む。人として正しい道を掲げて進もう。

辰年生まれの人
新しい交流を求める方針が吉。ランクアップを目指し、自分を向上させるための場を求めて欲しい。遊びの誘いに負けるな。交友の見直しも必要。

巳年生まれの人
ネットやSNSに振り回されないこと。自分の本業を忘れず、計画を立てて行動すること。自然の中を散歩など、心がリラックスする行動が吉。

午年生まれの人
発信する言葉は慎重に。口は災いの元にならないこと。自慢話もできるだけ封印しよう。相手を元気にするために言葉を上手に活用することが吉。

未年生まれの人
自分への投資が未来を明るいものにする。お金、時間、手間は成長のために必要な資源と考えよう。おいしい話に注意。今月は交友する相手を選ぶこと。

申年生まれの人
大儀を掲げることで、流れが好転する。いろいろな人を巻き込むのは方法。目標が明確であり、公のためであれば応援団が増える。公明正大に。

酉年生まれの人
他人の言動に振り回されないこと。自分の信念が試される。動機が善であり、私欲からの行動でないなら、正々堂々と進もう。負けてはいけない。

戌年生まれの人
勇み足にご用心。流れを確認しながら、着実に進めば安泰。ゴールはイメージしながら、結果を焦らないこと。必要であれば修正をかけていこう。

亥年生まれの人
自分と異なる価値観、意見の違いを受け止める度量が欲しい。他者から学ぼうとする姿勢が次のステージを呼び込む。結果オーライの割り切りを。

 

開運アドバイザー 山田浩三
西日本運勢研究会(ニホン全印会)二代目鑑定士。岡山大学非常勤講師(元)。明治大学卒業後、12年間の企業勤務を経て、家業を継ぐため三木照山など多数の専門家に師事。占いは人を幸せにするものでなくてはならないという信念に基づき、鑑定に臨んでいる。


【相談項目】姓名判断、命名、四柱推命、家相、風水等。http://yamadanooyaji.com/