【イベント情報】「みとりし」/9月18日(金)より ジョリー東宝にて上映

9/18(金)~24(木)ジョリー岡山東宝で上映

みとりし

【監督・脚本】白羽弥仁
【原案】柴田久美子
【出演】榎木孝明、村上穂乃桂、高崎翔太、斉藤暁 ほか

 

旅立つ者と大切な人を送る者の最期の時間を温かく支える人々=「看取り士」の物語

最期の旅立ちを住み慣れた家、希望する場所で残された時間を過ごすため、心を寄せ手助けしてくれる人、それが「看取り士」。
本人そして家族たちの不安や思いや愛を受けとめ、最期に寄り添い、命のバトンをつないでいく、本作はそんな看取り士たちの姿を描いたヒューマンドラマです。

 

【STORY】
交通事故で娘を亡くした定年間近のビジネスマン・柴久生(榎木孝明)は、喪失感から自殺を図ろうとした時「生きろ」という声を聞いた。それはかつて一緒に仕事に励んだ友人・川島(宇梶剛士)の最期の声だと、彼の“看取り士”だったという女性(つみきみほ)から聞かされる。
聞き慣れない看取り士という職業に興味を持った柴は、その仕事が「余命告知を受けた人ができるだけ安らかに旅立てるお手伝いをすること」だと知る。

5年後、早期退職後セカンドライフの仕事として看取り士を選んだ柴の姿は、岡山県高梁市にあった―

 


【上映劇場】ジョリー岡山東宝