【まちくら4月号】山田のおやじの干支占い 2021年4月


写真 photolibrary

子年生まれの人

思いつきからの行動は避けたい。ゴールをイメージして計画を立てることで効率的な動きをしていこう。視野を広くすること。経験者の意見を参考にしよう。

丑年生まれの人

欲は原動力になる大切な力になるが、振り回されてはいけない。コントロールする理性が必要。悩むときは経験者の知恵を借りるなど、衆知を集めること。

寅年生まれの人

かけた手間は裏切らない。準備したことは必ず役に立つ。やりたい案件に対して用意した策が他のチャンスを呼び寄せる。爽やかな挨拶も運気を上げる。

卯年生まれの人

世代の異なる人たちとの交流を求めると吉。良い刺激になるし、気づきが新しい可能性を呼び込む。誰に対しても礼儀と節度をもって接すること。

辰年生まれの人

優柔不断な対応は避けること。気が散らないようにするために、優先順位をつけて確実に対応していこう。決めたことは最後までやり抜く覚悟が運を呼ぶ。

巳年生まれの人

出会いは、いつあるかわからない。誰と会っても大丈夫なように第一印象を良くするための清潔感のある服装を心がけて欲しい。食事の作法も大切。

午年生まれの人

ちまたのウワサ話やネットに時間を取られないこと。自分の本業に必要な情報を収集して、分析、対応策を練っておくと吉。理想よりも現実を見ること。

未年生まれの人

他人との比較はしないこと。何も生まないし、イライラの元になる。過去の自分と比べて、成長しているなら自分を誉めてあげよう。未来を信じること。

申年生まれの人

楽観的な言動が幸運を呼び込む。可能性があることにはチャレンジしよう。気になる人がいるならば、声をかけてみよう。明るい言葉を駆使すること。

酉年生まれの人

ユーモアが思わぬチャンスをつくるし、楽しいことを探す姿勢が運気を向上させる。周りの人たちの良いところを探す努力が吉。勝ち負けは封印。

戌年生まれの人

難しい目標にチャレンジしてみよう。前向きな人には応援団ができる。取り組んだことは経験となり、未来に活かすことができる。健康管理も大事。

亥年生まれの人

新しいことを始めるには最適な月。遊び心や怠け心も出てくるが、ここは自分自身の向上に努めて欲しい。情報を伝達する手段として手紙も良い。

 

開運アドバイザー 山田浩三
西日本運勢研究会(ニホン全印会)二代目鑑定士。岡山大学非常勤講師(元)。明治大学卒業後、12年間の企業勤務を経て、家業を継ぐため三木照山など多数の専門家に師事。占いは人を幸せにするものでなくてはならないという信念に基づき、鑑定に臨んでいる。


【相談項目】姓名判断、命名、四柱推命、家相、風水等。http://yamadanooyaji.com/