【イベント情報/まちくら4月号掲載】吉備路文学館/特別展「吉備路の文学者となつかしの校歌」

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5/14(金)~31(月)まで臨時休館

 

特別展「吉備路の文学者となつかしの校歌」

【開催期間】4/4(日)~7/11(日)
【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
【入場料】一般400円、大学生・高校生:300円、小・中学生:200円
本展では、校歌の歌詞を手掛けた吉備路の文学者の中から、岡山県、広島県の学校校歌を担当した7人(有本芳水、米川正夫、正富汪洋、葛原しげる、矢野峰人、永瀬清子、赤松月船)など展示します。

◎併催 企画展「吉備路近代文学の7人展」(清水比庵、内田百閒、坪田譲治、木山捷平、藤原審爾、吉行淳之介、時実新子)

※おでかけにはマスクを着用するなどコロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。ホームページもご確認ください

 


吉備路文学館
岡山市北区南方3-5-35
■WEBサイト