【イベント情報】岡山県立美術館/北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 江戸東京博物館コレクションより

「冨嶽三十六景」全四十六図、すべて公開
新千円札に採用された「浪裏」も!

【開催期間】6/7(金)~7/7(日)
【開館時間】9:00~17:00(入場は閉館30分前まで、6/7(金)のみ10:00開館)
【休館日】月曜日
【観覧料】前売り券:一般1,300円(~6/6まで販売) ペア2,400円(ローソンチケット限定、~6/6まで販売、一般2枚※1人で2回の利用も可能)
当日:一般1,500円、65歳以上1,400円、大学生1,100円、高校生以下無料
年齢や所属の確認できる証明書や学生証等をご提示ください
※障がい者手帳をご持参の方とその同伴者1名は無料

浮世絵風景画の名手である葛飾北斎と歌川広重。他の追随を許さないこの二人は、いかにして名作を生み出したのでしょうか。
本展では、江戸東京博物館の所蔵する作品から、北斎の「冨嶽三十六景」全46点のほか、「東海道五拾三次之内」「名所江戸百景」といった広重風景画の名作など、計213件を一挙公開し、二人の絵師の挑戦をたどります。

作品保護のため、下記3点展示替えがあります(6/14~30は3点展示)
「凱風快晴」「山下白雨」…展示期間6/7~30
「神奈川沖浪裏」…展示期間6/14~7/7

 


岡山県立美術館
岡山市北区天神町8-48
Tel.086-225-4800
■WEBサイト